破産Q&A

破産とは

破産とは?

破産とは回答

破産とは、クレジットカードで買い物をしすぎたり、サラ金業者からの借金がかさむなどして、自分の全財産を充てても、全て債務を弁済できなくなった場合に、裁判所の手続きで、債務者の財産を強制的に金銭に換えて債権者全員に公平に分配する制度です。


破産手続をするメリットは

破産手続のをするとどんなメリットがありますか?

破産手続をするメリット回答

債権者の執拗な取り立てによって、日々精神的にも経済的にも追い詰められた状況から解放されることです。当事務所では、破産事件受任後直ちに破産申立決定通知書(弁護士介入通知)各債権者に送付しており、これにより、大概の取り立て行為は中止され、平穏な生活に復帰できます。


破産手続の進み方

破産手続はどのように進められますか?

破産手続の進み方回答

債権者の執拗な取り立てによって、日々精神的にも経済的にも追い詰められた状況から解放されることです。当事務所では、破産事件受任後直ちに破産申立決定通知書(弁護士介入通知)各債権者に送付しており、これにより、大概の取り立て行為は中止され、平穏な生活に復帰できます。

【通常破産手続】 通常、裁判所破産宣告を行うと同時に配当すべき財産がある場合には破産管財人を選任し、この管財人が債務者の全ての財産を調査・管理し、これを金銭に換えて債権者全員に配分することになります。

【同時破産手続】 しかし、債務者の財産が極端にすくなくて、これを金銭に換えても破産手続きの費用にも足りないことが明らかな場合には、裁判所は破産管財人を選任せず、破産宣告と同時に破産手続を終了させる決定をします。この場合には、債務者の財産を管理したり、金銭に換える手続きは行われません。

【少額管財手続】 通常破産手続をとるほどの資産はないものの、適切な手続や情報開示の必要な場合には、少額の予納金で通常よりも簡素化した手続により、金銭に換えた財産を債権者に配分します。


破産者の制限事項

破産者になった場合、どのような制限がされますか?

破産者の制限事項回答

個人である債務者が破産宣告を受けても、ほぼ日常どおりの生活を送ることができます。選挙権や被選挙権を失うことはありませんし、戸籍や住民票に記載されることはありません。ただ、法律上の資格制限として、弁護士、後見人、遺言執行者などにはなれなくなります。また、破産宣告を受けたということ自体で経済的信用を失うことは当然のことであり、今後新規にローンを組めない等の経済的不利益はあります。


破産宣告後の債務

破産宣告後、破産者の債務はどうなりますか?

破産宣告後の債務回答

破産宣告を受けたからといって、破産者が債務の弁済を免れるわけではありません。債務の返済を免れるためには、破産宣告後に裁判所に免責の申立をして、免責決定を受ける必要があります。免責の申立を認める免責決定が確定すると、破産者が破産宣告前に負担した債務は、税金や罰金などの一部例外を除いて、支払う責任がなくなります。また、破産宣告によって喪失した法律上の資格等を回復(復権)します。


免責決定の要件

免責決定を受けるための要件

免責決定の要件回答

免責決定を受けるためには、破産宣告前に過度の浪費(得にギャンブル)をしていないこと、一部の債権者のみを有利に扱って弁済をしていないこと、破産することが分かっているのにそれを隠してお金を借りていないこと等が条件です。